東京・渋谷・表参道・青山で新郎衣装、結婚式衣装
タキシードを作るならオーダータキシード.net

【2016年版-ゴールデンクローブ賞】セレブリティに学ぶタキシードの着こなし

  • 2016年01月12日

毎年この時期になると発表されるのがゴールデンクローブ賞だ。

対象はアメリカ国内のみだが、アカデミー賞の前哨戦とも言われている重要な賞で多くのセレブが集まる。

今回の記事ではゴールデンクローブ賞にノミネートされたセレブ達のタキシードの着こなしをレビューしてみる。新郎の衣装選び、オーダーの際の参考になれば幸いである。

ミッドナイトネイビーに改めて注目が集まる

タキシードを着るセレブリティ

ラミ・マレック(左)、ポール・ダノ(中)の二人が選んだのはシャープな印象のDior(ディオール)のタキシード。ポール・ダノはなよっとした癒し系キャラだが、こちらのタキシードは襟の太さも太く、男らしさを主張している。

ディカプリオはスーツ仕様の2つボタン×ノッチラペルでシンプルに

レオナルド・ディカプリオ

普通のタキシードの襟はピンと先が尖ったピークドラペルが一般的。一方今回ディカプリオが着ているのはスーツで用いるデザインでタキシードではあまり見かけないノッチラペル(襟の形)。

また面白いのがざっくりとした生地の質感のファブリックだ。わかりやすく色で遊ぶのではなく、生地の織り柄で遊ぶというのは参考になる。

ブランドは不明だがオーダーメイドのタキシードであろう。

ロブ・ロウはトッド・スナイダーのグレータキシードをチョイス

ロブ・ロウのトッド・スナイダーのタキシード

アメリカ映画界の重鎮であるロブ・ロウ。彼はアメリカンクラシックをテーマにしたブランド「トッド・スナイダー」のタキシードを着用している。

レッドカーペットではネイビーやブラックを中心としつつ、後は派手な柄や色味が好まれることが多いがグレーを選ぶあたりアメリカっぽさが感じられる。

ウィズ・カリファが着用したのはトム・ブラウンのスーツ

ウィズ・カリファのトム・ブラウン

人気ラッパーである彼の特徴は全身にはいったタトゥー。ファッションにも独特の感性があり、普通のフォーマルウェアとは全く違う。

デザインはタキシードではないが、一つボタンでベルトレスなトム・ブラウンのスーツは一応フォーマル仕様といったところ。足元はグッチのビットローファーをチョイス。

 

ポール・フェイグはトムフォードのタキシード

ポール・フェイグ

SPYやゴーストバスターズなどで知られる映画監督ポール・フェイグ。彼がチョイスしたのは今季のトムフォードのタキシード。太めの襟、そしてこの青みがかっている玉虫色のテキスタイルが特徴的。

—-

というわけで簡単に今年のゴールデンクローブで目立ったタキシードを紹介したが、重要なのは彼らと同じものを着るのではなく、色や生地の遊び、細部のディティールなどをチェックしてタキシードにもっと興味を持ってもらいたい。

もしタキシードをオーダーメイドで作ることがあればきっと参考になるだろう。


お問い合わせ