東京・渋谷・表参道・青山で新郎衣装、結婚式衣装
タキシードを作るならオーダータキシード.net

【2017年版】新郎の衣装のイメージの参考はセレブに学ぶべし

  • 2017年01月17日

多くの男性にとって結婚式でタキシードを借りる、またはオーダーメイドしたり購入するのは初めての体験だろう。

そんな時どのようなタキシードを選べばよいのかなかなか分からないもの。

TUXEDO-2017

そんな時最もトレンドを理解し、流麗に着こなしているのは海外セレブリティであることは間違いない。

THE GENTSのブログで2017年のゴールデングローブ賞の授賞式に参加したライアン・ゴズリングやエディ・レッドメイン、ジャスティン・ティンバーレイクなど、セレブリティ達の着こなし術が紹介されている。

2017年の着こなしトレンドは?

日本の結婚式では衣装といえば、派手、丈が長い、借りるものという印象が強いが、実際海外のセレブリティを筆頭にそんな衣装を着ている人は一人もいない。

例え既製品であっても自分の着丈や袖丈、肩幅を直し、セミオーダーメイド感覚でタキシードを着用している。

2017年は特にブラックやネイビー、ホワイト、グレーなどシンプルな色味や柄を、ベルベット素材のアクセサリーなどで垢抜けさせるシックな着こなしが目立った。

ぜひ参考にしてみてほしい。

【セレブに学ぶ着こなし術】2017年ゴールデングローブ賞のタキシードテーマは「原点回帰」


お問い合わせ