フロックコート(frock coat) はジャケットの着丈が膝まである昼の正礼服。黒もしくはグレーのダブルの上着に、立衿(ウイングカラー)のシャツとアスコットタイを組み合わせるのが正しい着方だが、現在ではフロックコートはもはや過去の礼装スタイルとなり、古い結婚式の衣装屋にポツポツと置いてある程度であろう。

ウェディングで着用されるスタイルではシングルボタンで、オフホワイトや明るい色のフロックコートもよく見られるがあくまでファンシーなカジュアルデザインである。丈が長く大きな身頃なので大きな教会での挙式や、トレーンの長いウエディングドレスと合わせると映えると言われてきたが、実際は着丈の長いコートであるため着る人を選ぶ服装である。

現代の昼の正礼服、モーニングの原型となったもので、16世紀のヨーロッパの農民が外出や農作業の際に着用していたものと言われており、長い袖の付いた丈の長い服が起源とされる。本来は粗末な布地のものであったが、徐々に形式が昇格し、上質な生地を用いて洗練された仕立てが施されるようになり、一般市民の外出服と変遷していった。

18世紀には男性の普段の服装のシャツ・ベスト・パンツにフロックコートとネクタイを合わせることで、英国紳士の外出時の服装として確立され、現代のスーツの原点となった。今でも修道士の着る袖の長い修道士服は「フロック」と呼ばれる。

>その他のフォーマル用語


こちらもチェック

タキシードのルール
オーダータキシードを作ったお客様の声
タキシードからスーツへのリメイクでお得
オーダーとレンタルの比較バナー
オーダータキシードの価格
タキシードを作るにあたってのご質問
タキシードの制作の流れ
二次会の新郎衣装の着こなし方
結婚式の新郎衣装の選び方
生地のブランド辞典
タキシードのデザインのバナー