平服(へいふく)とは、タキシードなどの礼服の正装に対して、普段着、仕事着として着ている服のことである。具体的には、「カジュアルウェア、ビジネススーツ」などのことを意味する。結婚式や披露宴、正式な場への招待状でドレスコードに「平服」が指定されている場合は、平服は単なる日常着ではなく、「平服」=「略礼装」となる。

※ジーンズやチノパンなどのカジュアルな普段着を着用していくと恥をかくことになるのでご注意。具体的には、この場合の平服は、一般にダークスーツと呼ばれる、黒、紺、チャコールグレー(黒に近い灰色)といった濃色のスーツを意味している。

ビジネススーツとして普段仕事などで着用しているダークスーツでも、立襟(ウィングカラー)のシャツに蝶ネクタイ、アスコットタイや、ポケットチーフなどの礼装用の小物を部分的に用いてコーディネートすることで略礼装として認められる。なおブラックスーツ×白ネクタイの略礼装が通用するのは日本だけのルールのため、海外でのパーティに出席する際には注意した方が良い。

>その他のフォーマル用語

 


こちらもチェック

タキシードのルール
オーダータキシードを作ったお客様の声
タキシードからスーツへのリメイクでお得
オーダーとレンタルの比較バナー
オーダータキシードの価格
タキシードを作るにあたってのご質問
タキシードの制作の流れ
二次会の新郎衣装の着こなし方
結婚式の新郎衣装の選び方
生地のブランド辞典
タキシードのデザインのバナー