くるみボタンとは、芯(金属や木など)となるボタンの表面をスーツやタキシードの生地や革などで包(くる)んだ釦(ボタン)のこと。

ボタンの種類は水牛、ナット、プラスチックなど数多くあるが、タキシードはじめフォーマルウェアにはくるみボタンが良いとされている。

その理由としてボタンはジャケット本体から突起した存在であるため、ボタンが主張しがちだが、フォーマルウェアの考え方としてジャケット本体の主張を減らすことが考えられる。

くるみボタンは通常の平らな釦よりも暖かみがあって、いかにも高級な風合いがある。

ちなみにくるみボタンには既成品というのは無く、オーダーでタキシードを作る際には、こちらの釦は使う生地にあわせて手作りで作成する。

>その他のフォーマル用語


こちらもチェック

タキシードのルール
オーダータキシードを作ったお客様の声
タキシードからスーツへのリメイクでお得
オーダーとレンタルの比較バナー
オーダータキシードの価格
タキシードを作るにあたってのご質問
タキシードの制作の流れ
二次会の新郎衣装の着こなし方
結婚式の新郎衣装の選び方
生地のブランド辞典
タキシードのデザインのバナー