ロングタキシード

ロングタキシード(long tuxedo)は、長い着丈のタキシードのことである。デザインとしてはフロックコートに近い。ファッション性を重視したデザインタキシードで、色は黒だけでなく、白やシルバー、グレー、その他カラフルな色のものもある。

ロングタキシードは日本で独自に生み出された準礼装であり、世界的なフォーマルウェアのルールには存在しない衣装である。当然時間帯の制限も無く、自由な着こなしを楽しめるが、海外の人からは不思議なデザインに見えるようだ。

昔はチャペル教会式やカジュアルウエディング、レストランウエディングなど結婚式で幅広く着用されてきたが、現在では絶滅危惧種であるといえる。

ファンシータキシード

ファンシータキシード(fancy tuxedo)とは、黒や濃紺、白の正式なタキシード以外のタキシードの総称である。黒のタキシードよりも略式で準正装とされるが、こちらも世界的なフォーマルウェアのルールにはないため結婚式やお笑い芸人、テレビの司会者が着るくらいである。

素材にはシルクやベルベット、モヘアなど様々なものが使われている。柄は無地を始め、マドラスチェックやタータンチェックなどの格子柄、ペイズリーや花柄などのプリント柄なども若い新郎に人気がある。とにかく正式なルールはなく、色、デザインともに多様なバリエーションがある。

ファンキータキシードは1960年代後半に起こったピーコック革命が由来と言われているが、実際はディスコ時代の派手ブームの遺産であり、現在ではステージ衣装、カジュアルなパーティや披露宴などに着られるのみとなっている。

>その他のフォーマル用語

 


こちらもチェック

タキシードのルール
オーダータキシードを作ったお客様の声
タキシードからスーツへのリメイクでお得
オーダーとレンタルの比較バナー
オーダータキシードの価格
タキシードを作るにあたってのご質問
タキシードの制作の流れ
二次会の新郎衣装の着こなし方
結婚式の新郎衣装の選び方
生地のブランド辞典
タキシードのデザインのバナー