モーニングカット(morning cut)とは、ズボンの裾のカットのひとつで、シルエットを美しく見せるために、足の甲からかかとにかけて後ろ斜め下にカットしたものである。

別名でアングルドボトム(angled bottom:角度をつけた裾)とも呼ばれている。アングルは「角度をつける」ことの意味。 スラックスの裾を、アングルして後ろ斜め下げにしたもの。

この前裾をあげる理由は、靴甲の傾斜に裾カットを合わせることで、パンツのクリースを美しくするためである。後ろ側は長めでもパンツの裾はきれいに落ちる。

前後の高低差は一般的に1.5~2cm程度。デザインの効果としては、足が長く見える効果がある。主に礼装用のズボンに用いられる裾のデザインだが、70年代に流行したベルボトムのデニムにもよく見られた。

なお、モーニングカットの語源は、モーニングコートのズボンがこの型となっていることが由来。

>その他のフォーマル用語


こちらもチェック

タキシードのルール
オーダータキシードを作ったお客様の声
タキシードからスーツへのリメイクでお得
オーダーとレンタルの比較バナー
オーダータキシードの価格
タキシードを作るにあたってのご質問
タキシードの制作の流れ
二次会の新郎衣装の着こなし方
結婚式の新郎衣装の選び方
生地のブランド辞典
タキシードのデザインのバナー