正礼装(せいれいそう)とは、19世紀から20世紀初頭にかけて欧米で確立された、正式な式典やパーティに着用する服装のことである。

ただし時間帯によって礼装にも区別がある。 男性の正礼装は、昼はモーニング、夜はテイルコート(燕尾服)でホワイトタイ、またはタキシード(ブラックタイ)とされているが、モーニング、テイルコートは共に古い時代衣装であることから、特別な場以外では着られることはあまりない。

一方でモーニングやテイルコートを簡略化したタキシードが現在は一般的で、昼過ぎから着用することも多い。女性の正礼装は、昼はアフタヌーンドレス、夜はイブニングドレスを着用するのがルール。

>その他のフォーマル用語


こちらもチェック

タキシードのルール
オーダータキシードを作ったお客様の声
タキシードからスーツへのリメイクでお得
オーダーとレンタルの比較バナー
オーダータキシードの価格
タキシードを作るにあたってのご質問
タキシードの制作の流れ
二次会の新郎衣装の着こなし方
結婚式の新郎衣装の選び方
生地のブランド辞典
タキシードのデザインのバナー