燕尾服(えんびふく)とは、男性の夜の正礼装の一つである。前身頃が短く、後ろ身頃はツバメの尾のように長くなっていることからテイルコート(Tail coat)とも言われる。また白い蝶ネクタイを用いるため、ホワイトタイとも呼ばれる。(タキシードはブラックタイ)

燕尾服の最も正式な着用法であるが、黒または濃紺の上着とパンツ(サイドに側章が2本入ったものが基本)に、白のベストは襟の付いたシングル or  ダブル、ウイングカラーのシャツ(立衿・イカ胸・両穴シャツ)、白の蝶ネクタイ、スタッド釦&カフス釦は白蝶貝を使用、ポケットチーフは白のスリーピーク挿し、靴は黒エナメルのパンプスである。

燕尾服は正礼装の一つなので、アレンジという概念はあまりなく、もし着用するのであれば19世紀後半に確立したこの伝統的な着装法を変える事は許されないとされている。

燕尾服は19世紀初めには日常着であったが、形式に昇格が起こり、礼装に格上げされた。しかし現代では既に過ぎ去った昔の時代衣装であり、ほとんど見かけることは無い。

天皇陛下なども参加する宮廷晩餐会の「夜の正礼装」も、近年は「ホワイトタイ」から「ブラックタイ」タキシードに変遷した(タキシードが正礼装として認められた)。今では、特にドレスコードで「ホワイトタイ」と指定された場合、社交ダンス競技会の選手か、オーケストラの指揮者以外には着用の機会はほとんど無い特別な礼服であろう。

>その他のフォーマル用語


こちらもチェック

タキシードのルール
オーダータキシードを作ったお客様の声
タキシードからスーツへのリメイクでお得
オーダーとレンタルの比較バナー
オーダータキシードの価格
タキシードを作るにあたってのご質問
タキシードの制作の流れ
二次会の新郎衣装の着こなし方
結婚式の新郎衣装の選び方
生地のブランド辞典
タキシードのデザインのバナー