タキシード(tuxedo)は古いルールによれば夜の準礼装とされているが、正礼装の燕尾服はもはや前時代的な衣装と考えられるため、近年は正礼装もタキシードが一般的になってきている。よって結婚式などでも夜の正装はタキシードで全く問題ない。

また現在では、夜のみの礼装ではなく、昼から着用可能になってきている。この辺りはフォーマルウェアの時代の変化というべきだろう。タキシードのことを通称:ブラックタイと言う。なおタキシードはアメリカの呼び方で、イギリスではディナージャケットと呼ばれる。

タキシードの由来は欧米によって異なるが、タキシードという名称が付いたのはアメリカである。その経緯は1886年にニューヨークのタキシード・パーク倶楽部の正装舞踏会で、全員がテールコート(燕尾服)を着る中(当時の正装)、グリスウォルド・ロリラードという人物が着た真っ赤なスモーキングジャケットが始まりであると言われている。

彼がテールコートに着替えるのを忘れて、部屋着のテールレスなスモーキングジャケットを着用したことが由来とされているが、実際は意図的にしたものではないかと考えられる。これはタキシード事件と呼ばれる。

■タキシードの最も正式な着方

あくまで最も正式なものであり、結婚式などではシーンや列席者に合わせて変更して構わない。

ジャケット: 黒無地で作られたタキシードジャケット。シングル、ノーベンツ、クルミ釦一つ掛け。襟はショールカラー(ヘチマ襟)ピークドラペルのどちらでも可。

パンツ: パンツ脇の縫い目に沿って側章(ブレード)が縫い付けられている。

シャツ: 立襟(立カラー)ヒダ(プリーツ)胸・両穴本カフスシャツまたは、立襟・イカ胸・両穴シャツ。

タイ: 黒の蝶ネクタイ。素材はシルクサテン。

ポケットチーフ: 白のチーフをスリーピークにたたんで胸ポケットに挿す。麻または絹、木綿素材の物。

その他カマーバンドやサスペンダー、カフス、チーフといった小物についても着用して構わない。

詳しくはタキシードのルールを参照。

>その他のフォーマル用語

 


こちらもチェック

タキシードのルール
オーダータキシードを作ったお客様の声
タキシードからスーツへのリメイクでお得
オーダーとレンタルの比較バナー
オーダータキシードの価格
タキシードを作るにあたってのご質問
タキシードの制作の流れ
二次会の新郎衣装の着こなし方
結婚式の新郎衣装の選び方
生地のブランド辞典
タキシードのデザインのバナー