タキシードのカフスボタンとは?


結婚式で着用するタキシードには余計な装飾がないのは御存知の通り。そうした中でもセンスやオシャレに魅せることが出来るアイテムの一つがカフスボタン。通常のシャツは袖の留め口にはボタンがついているが、このボタンの代わりにシャツの袖口をカフスボタンにして使用する。目的としてはボタンとして留め具の意味もあるが、タキシードの場合はアクセサリーとして使用する。

カフスボタンの歴史

カフ・リンクスの言葉の由来はカフ=シャツ袖口のことであり、袖のホールを繋ぎ留める=リンクする、という意味がある。かつて貴族達が社交界や舞踏会などで着用したことで一般的に広まり、現代のフォーマルシャツには欠かせないアイテムだ。当時のシャツの着こなしとして、シワ無しのシャツというのが礼装の掟であり、糊で硬くなった袖カフスは後付でボタンを付けたほうが使いやすかったのも理由の一つ。

カフスボタンの選び方

タキシードで着用する場合は黒のオニキス(天然石)が良いとされている。しかしながら何かと着こなしルールの多いタキシードや礼服に合わせる場合は、好きなデザインや、そのときの気分に合ったカフスを選んで付けるのが現代的であると考えられる。タキシード自体は正統派なものを、ボタンで自分の個性を魅せるのがよいだろう。

スタッズボタンとは?


スダッズボタンとは、シャツの前立につけるボタンのことを挿す。(シャツのボタンが黒いのがお分かりいただけるだろう。)シャツの前立ての第2~第4ボタン部分に取り付ける飾りのボタンのことで、カフスボタン同様にフォーマルシャツ用ボタンの1つである。実は今と異なり、19世紀中頃の正・礼装用のシャツは両方が穴になっていて、必ずスダッズの留め具でシャツを留めてたという事実がある。

どんなデザインがオススメ?

カフスボタン同様に様々なデザインがあるがネクタイとの合わせを考えると、やはりシンプルなブラックなどがベスト。大きさは直径が11.5mmがシャツのボタンホールに合うので良いだろう。

カフスボタン、スタッズボタンは結婚式では付けた方がいいのか?

海外と日本では礼装に対する意識の差があり、海外では従来の縫い付けるボタンの糸かがりを見せる事が美しくないといった美学がある。よってなるべく縫い糸が目立たない方が美しいという美意識から、海外では結婚式などでタキシードを着る際にはスタッズボタンやカフスボタンを着用することが多い。タキシードの着こなしのグレードアップとしても付けた方が他と差をつけるチャンスになるので良いのではないだろうか。

小物のオンラインストアはこちら

蝶ネクタイ、カフス、チーフなどはオンラインストアでも購入できる。こちらより是非チェックしてほしい。


こちらもチェック

タキシードのルール
オーダータキシードを作ったお客様の声
タキシードからスーツへのリメイクでお得
オーダーとレンタルの比較バナー
オーダータキシードの価格
タキシードを作るにあたってのご質問
タキシードの制作の流れ
二次会の新郎衣装の着こなし方
結婚式の新郎衣装の選び方
生地のブランド辞典
タキシードのデザインのバナー