ブラックスーツ(black suit)とは、フォーマルな準礼服で、黒のスーツのことを呼ぶ。朝から夜まで、慶事、祝事から弔事まで、着方によって冠婚葬祭に幅広く使える便利な礼服である。

単なるビジネス用の黒のスーツとは違い、生地のウールは濃い黒の生地を使用、またボタンなどは黒で統一する。海外ではブラックスーツで挙式することが非常に一般的で、タキシードとほぼ同数を占めている。

ブラックスーツは日本独自の準礼服との説もある(高度成長期の新生活運動(冠婚葬祭の簡素化を目指した農村運動)の流れの中で全国に普及したと言われている)が、ブラックスーツ自体は、海外の一般的な冠婚葬祭の衣装として存在していることから、この発想は誤りであると考えられる。

ただし日本独自の婚礼には、海外で通用しないものも多い。例えば、ブラックスーツに白のネクタイが定番とされているが、この組み合わせは日本だけで通用する準礼装(セミフォーマル)で、海外では単なる黒のビジネススーツとしてしか見られない。

なお、本来の準礼装は昼間はディレクターズスーツ、夜間はタキシードである。

>その他のフォーマル用語


こちらもチェック

タキシードのルール
オーダータキシードを作ったお客様の声
タキシードからスーツへのリメイクでお得
オーダーとレンタルの比較バナー
オーダータキシードの価格
タキシードを作るにあたってのご質問
タキシードの制作の流れ
二次会の新郎衣装の着こなし方
結婚式の新郎衣装の選び方
生地のブランド辞典
タキシードのデザインのバナー