ピークドラペル(peaked lapel)とは、タキシードなど襟(えり)の形の種類で先端が尖ったデザインのもの。

なお、厳密にはゴージ(gorge:上襟と下襟の接点にある切り込み)が逆三角で、下襟の先端が上に向かっているもの、先の尖っているものがピークドラペルと呼ばれる。

英語の(ピークド(peaked)は、先のとがった、尖頂のあるという意味である。ラペル(lapel)は、ジャケットの下襟(したえり)、襟の折り返し、折り襟を指している。

ダブルのスーツは基本的にピークドラペルが採用されており、またドレッシーなスーツやタキシードにもピークドラペルが多用されている。日本語では「剣襟」と呼ばれている。

また、礼服にダブルスーツが多いことから、礼服のことを「剣もの」と呼ぶこともある。通常襟穴(えりあな)と呼ばれるラペルに付くかがり穴は左側に一つあるのが普通だが、ピークドラペルの場合は襟穴が左右のピークに付くことが多いなどの特徴がある。

その他、デザインの効用としては、ピークドラペルのスーツは体を細身に見せてくれる効果がある。

>その他のフォーマル用語


こちらもチェック

タキシードのルール
オーダータキシードを作ったお客様の声
タキシードからスーツへのリメイクでお得
オーダーとレンタルの比較バナー
オーダータキシードの価格
タキシードを作るにあたってのご質問
タキシードの制作の流れ
二次会の新郎衣装の着こなし方
結婚式の新郎衣装の選び方
生地のブランド辞典
タキシードのデザインのバナー