ストライプドトラウザーズ(striped trousers)とは、モーニングコートやディレクタースーツなど、男性の昼の礼装服に合わせるパンツのデザインのことであり、特徴として黒とグレイの縦縞模様が入ったパンツのことを指す。

慶事には縞の間隔が広い、明るい色調のものを使用し、弔事など不祝儀な場に置いて反対に縞の間隔が狭く暗めの色調のものが用いられる。

裾(すそ)は折り返しのないシングル(カフレス)で、裾口は前上がりのモーニングカットで処理される。基本的に昼の礼装のため、日が暮れてから用いられる事はない。

素材としてはウーステッドやチェビオット・ウールなどで作られる。

別称としては、俗に縞コール、コールズボン、コール・スラックスなどともよばれる。コールはコードがなまったものと言われている。

>その他のフォーマル用語


こちらもチェック

タキシードのルール
オーダータキシードを作ったお客様の声
タキシードからスーツへのリメイクでお得
オーダーとレンタルの比較バナー
オーダータキシードの価格
タキシードを作るにあたってのご質問
タキシードの制作の流れ
二次会の新郎衣装の着こなし方
結婚式の新郎衣装の選び方
生地のブランド辞典
タキシードのデザインのバナー